0

[キット・モジュール]
実験用800M~6GHz 広帯域90°ハイブリッド
MZ-Qhybrid

800M~6GHz対応!$I/Q$信号の加算やシングルのIF信号の$I/Q$分離に

概要

本製品は,周波数範囲は800M~6000MHzで,$I/Q$信号を加算してシングルの信号に混合したり,またシングルを$I/Q$信号に分離したりすることができる混合・分離モジュール・キットです.

ミリ波5G対応アップ・ダウン・コンバータ >MZ-mmCon1と組み合わせて利用することができます.また,ダイバシティ・アンテナと組み合わせてフェージングに強い受信システムを作りることも可能です.バランス・アンプやアンテナ・フィード,フェーズ・シフタなど,さまざまなRFシステムに使用できます.

90°の位相シフトでほぼ等しい信号を生成する2ウェイ90°パワー・プリッタ“QCH-63B+(mini-circuits製)を搭載しています.

5G関連キット・モジュール

  1. ミリ波5G対応アップ・ダウン・コンバータ MZ-mmCon1
  2. 実験用28GHzミリ波パッチ・アンテナ MZ-mmAnt1
  3. 実験用27.5G-29.5GHzバンド・パス・フィルタ MZ-mmBPF1
  4. 実験用800M~6GHz 広帯域90°ハイブリッド MZ-Qhybrid

基本スペック(QCH-63B+のデータシートから)

  1. 振幅アンバランス: 0.80dB typ.
  2. 位相アンバランス::±5°typ.
  3. 入力最大電力:70W @+85°C,50W@+105°C
  4. 動作周波数:800M~6000MHz
  5. 基板:$t$=1.6mm,FR-4,2層

[動画セミナ] ローカル5G/6G開発の実際と始め方

(a)東京都立大学 ローカル5G環境の概要と活用の方向性 (b)ローカル5Gおよび6Gに向けたMIMOハードウェア装置と評価法 (c)ローカル5G基地局のハードウェア開発
(d)27G~43GHzミリ波5G用UP/DOWNコンバータ Radiun-mmCon1 (e)ミリ波5Gアンテナ開発の現状

技術資料

  1. 本キットのロス特性
  2. QCH-63B+のデータシート
  3. 5G時代の先進ミリ波ディジタル無線実験室[Vol.1 ミリ波の性質と広帯域通信の実験環境]
  4. 5G時代の先進ミリ波ディジタル無線実験室[Vol.8 初めての28GHzミリ波伝搬実験]
  5. 5G時代の先進ミリ波ディジタル無線実験室[Vol.9 帯域優先?精度優先?2種類の周波数変換方式]
  6. ミリ波5G対応アップ・ダウン・コンバータ MZ-mmCon1