7月28日 生ライブ受講 / 7月29日~8月3日 録画受講
[Webinar/Book/data]
電磁界シミュレーションによるプリント基板設計&EMC対策

高周波センスでスマートに,差動線路で確実に!パソコンによるBefore After演習で 一緒に学ぶ


タイム・テーブルと申し込み

下記スケジュール表のボタンを押すと,セミナの購入ページに移動しますので,支払い手続きを行ってください.

月/日 開始 終了 内容 価格 申し込み
7/28(日) 10:00 17:00 [Webinar/Book/data]
電磁界シミュレーションによるプリント基板設計&EMC対策
\25,300
[Webinar/data]
電磁界シミュレーションによるプリント基板設計&EMC対策
\19,800

本セミナのお申込み前にご理解いただきたいこと

  1. 上記の時間は,生ライブの開始/終了時間です.生ライブに申し込んだ方は,見逃し配信による受講も可能です.見逃し配信の視聴URLは,7月29日 午前中にメールにて連絡させていただく予定です.
  2. 後述のアジャンダに記載された(1)と(2)の解説時には,講義テキストに加え,書籍『[Book/PDF]デシベルから始めるプリント基板EMC 即答200』も利用します.
  3. 上記の書籍をお持ちの方は,本セミナを15,400円(税込)で受講できます.ご希望の方は,info@zep.co.jp までご連絡ください.
  4. 書籍は講演の7日から10日前までに宅急便で送付し,講義テキストは講演の3日前までにメールで送付予定です.
  5. 講義テキスト,ソースコード類は1人1ライセンスです.
  6. すべての映像,画像,文書テキスト,ソースコードは,著作権法によって厳格に守られています.無許可の転載,複製,転用は法律により罰せられます.

学ぶこと

あらまし

放射ノイズ対策には,非常に幅広い知識を横断的に学ぶ必要があります.また,放射ノイズは相互作用により予想外の場所で発生するため,その原因究明が難しいことがあります.そのため,今でも経験と勘に頼る設計現場が多いです.

放射ノイズ対策の勘所を養うために,本セミナでは放射ノイズ対策の基礎知識から電磁界シミュレータを使った応用,機械学習の利用まで幅広く取り上げます.

電磁界シミュレータでは、複雑な構造ではなく,シンプルなマイクロストリップ・ライン,平行平板,シールド・ケースを題材にします.実際の電子機器は多数の配線やケーブル,LSI,受動素子から成り立っているため,単純なモデルの放射ノイズを計算しても無意味に思えるかもしれません.しかし,シンプルなマイクロストリップ・ラインを一つ取り上げるだけでも,共振現象やコモンモード電流による大きな放射電界の発生など,多くの原因を学ぶことができます.

最初から複雑な基板の電磁界シミュレーションを行って答えを得ても,効果的な対策はできません.シンプルな構造物からの放射ノイズの発生メカニズムを理解することで,より複雑な構造物からの放射ノイズの発生原因が分かり,対策が可能になります.

写真1 差動信号入力時のコネクタにおける900MHz電界シミュレーション結果
ケーブル上の電磁界が支配的であり,コネクタの微細な穴から電界漏れの影響は比較的小さい

アジェンダ

(1)電子機器から放射ノイズが発生する原因

  • 放射ノイズの発生原理
  • ノーマル・モード電流とコモン・モード電流による放射ノイズ
  • マクスウェル方程式を簡単に理解する方法

(2)電磁界シミュレーションに必要な基礎知識

  • dB,dBuV/mなどの単位
  • Sパラメータ
  • 特性インピーダンス
  • 反射解析法
  • 時間領域と周波数領域の関係
  • パルス波形のスペクトラム

(3)電磁界シミュレータの概要

  • FEM/MoM/FDTDの短所と長所
  • 電磁界シミュレータによる計算時間/消費メモリ/メッシュ分割規模の比較
  • LSIのモデリング方法
  • 受動素子のモデリング方法

(4)電磁界シミュレータを使った放射ノイズの計算

  • マイクロストリップ・ラインからの放射ノイズ
  • ケーブル付き基板からの放射ノイズ
  • 平行平板からの放射ノイズ
  • シールド・ボックスからの放射ノイズ

(5)CST Studio Suiteの使い方

  • マイクロストリップ・ラインのモデリング方法
  • 平行平板のモデリング方法
  • 電磁界の可視化方法

(6)電磁界シミュレーションと機械学習

  • 機械学習の概要
  • 機械学習を使った差動線路の最適化事例
  • 機械学習を行うための環境構築とデータ処理方法

受講対象

  • ディジタル回路の設計者
  • 放射ノイズ対策で困っている設計者
  • 電磁界シミュレータの初学者
  • 電磁界シミュレータを使いこなせていない設計者
  • 電子回路から放射ノイズが発生する原因を知りたい方
  • 大学の講義でマクスウェル方程式が理解できなかった方

あると望ましい予備知識

  • 電気回路,電子回路,電磁気の基礎知識(深い知識は不要.大学や高専で学んだ基礎知識で十分)
  • プログラミングの基礎知識(変数,四則演算,条件分岐,ループを理解していればOK)

講演の目標

  • プリント基板における放射ノイズの原因と対策を理解する
  • 電磁界シミュレーションの活用方法を習得する

実習に必要なパソコンやシミュレータ

  • CST Studio Suite Learning Edition(AET)
    簡易版評価ライセンス(無料)はこちらからダウンロードできます
  • パソコン
    ※ハードウェアの最小スペックは次のとおりです
    OS:Windows 10,Windows Server2016,Windows Server2019
    CPU:IBM PC互換CPU(Intel Xeonプロセッサを推奨)
    グラフィック・カード:Open GL互換
    メモリ:4GB RAM
    ストレージ:30GBの空き容量

講師紹介

略歴

  • 1994年 東京農工大 電気電子工学科卒
  • 1994年 日本航空電子工業株式会社入社.プリント基板設計,シグナル・インティグリティのシミュレーション業務に従事後,USB-IF,PCI-SIG,VESAなどでコネクタの高速伝送規格化活動に携わりながら,ノイズ対策業務を行っている.iNARTE認定EMCエンジニア,EMCマスタ・デザイン・エンジニア

主な著書

  1. [Book/PDF]デシベルから始めるプリント基板EMC 即答200,ZEPエンジニアリング.
  2. USB Type-Cのすべて,CQ出版社.
  3. USB3.2のすべて,CQ出版社
  4. 8K映像/USB3.1対応!ケーブル&コネクタ 10Gbps伝送技術,CQ出版社
  5. 電子回路シミュレータLTspice設計事例大全,CQ出版社

参考URL

Jae-Groupチャンネルにて下記の動画を公開中